前へ
次へ

カフェや喫茶店のアルバイトの魅力や習得できる技術

接客業のアルバイトとしても人気の高いカフェや喫茶店の仕事ですが、大きく分けるとキッチンとホールの2つに分類されています。
キッチンではドリンクを作ったり調理をしたりという仕事がメインとなり、完成したオーダーを提供するのがホールスタッフの役割です。
その他ホールスタッフは、お客様にメニューの説明をしたり、おすすめのドリンクを紹介したりといったコミュニケーションも大事となります。
喫茶店の場合はお客様が席で注文する形式のフルオーダータイプがほとんどですが、外資系チェーン店ではセルフサービスのカフェが増加しています。
こういったお店ではホールスタッフがカウンター内でオーダーを取る形式で、席までメニューを運んだりする事が少ないので、ファストフード店のような仕事のイメージとなります。
また近年話題となっているラテアートの技術を習得できるような専門性の高いカフェもあり、バリスタを目指す方には最適でしょう。
将来カフェや喫茶店を開業したい方は、こういったアルバイトで経験を積んでおくのも1つの方法です。

Page Top